« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月30日 (水)

アラウンド40

誕生日です。 38になりました、たぶん。
40歳までチョットです。 この後はどうなるんでしょう?どんどん老いが進むのか(謎)

今日は恵比寿で散髪して、いつもゆく下着屋さんが閉店(for rentになってた!)
渋谷へ移動して白カーデを買い物、夕飯はラージマハールでした。

これから準備して山へ

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年4月29日 (火)

細い木の穴

水やりをしてたら、妙な穴を発見したんだよね。
木の太さは直径2cm強で穴の直径は1cmぐらい。
2008_04_29

そしたら、そこから黒くて丸っこい蜂みたいな虫が出てきてブゥーーーン。
写真では見えないけど、中に居るんだ。 ずっと覗いてたら恥ずかしいのか?穴の中の上の方に隠れちゃった。
出てくる瞬間、撮影したい。蜂の太さギリギリの穴でちょっと苦しそうに出てくるからシャッターチャンス有りそう。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年4月28日 (月)

なんかなー

ショックという言葉だけだと足りない。

蛙のウ●チ画像がトップにあるのはいけないと思って庭の撮影をしてブログをアップしてニコニコしてたら
夫「トウタ(友人)のブログ読んだ?」と意味深に。
私「え?何?」と慌ててチェックしたら

以下アサヒコムより
東大スキー山岳部の新井監督、北アルプスで遺体発見
2008年04月28日11時02分

 28日午前8時ごろ、長野・富山県境の北アルプス・五竜岳(2814メートル)山頂から約300メートル下の長野県側斜面で、東大スキー山岳部監督の新井裕己さん(32)=群馬県高崎市九蔵町=が遺体で見つかった。27日午後6時ごろ、新井さんの知人から長野県白馬村の遭難対策協議会に「新井さんと連絡がつかない」と連絡があり、同協議会の通報を受けた大町署が28日朝からヘリコプターで捜索していた。

 同署によると、新井さんは23日に1人で同村内の「HAKUBA47スキー場」から入り、南西方向に約7キロ離れた五竜岳を目指して24日に下山する予定だったという。新井さんは発見時、スキー靴を履いていた。同署は滑走中に滑落したのではないかとみて調べている。

 新井さんのブログによると、22日にも日帰りで五竜岳に登っていた。下山の際に、水分を多く含んだ湿雪の雪崩が起き、「かなり神経使いながら一歩一歩命がけ」と書いている。

 新井さんは急斜面での滑降で知られる山岳スキーヤーで、東大大学院農学生命科学研究科の修士2年だった02年4月、北アルプス・鹿島槍ケ岳(2889メートル)北壁のスキー滑降に初めて成功した。フリークライミングのトレーニングの研究でも知られ、共著に「フリークライミング」(山と渓谷社)がある。

 新井さんが連載をしていた雑誌「ROCK&SNOW」の萩原浩司編集長は「過激なルートを攻め続けて限界に挑む第一人者だったが、安全面の研究もしていた。彼を目標にしてチャレンジしていた人は多かった」と語った。

Tky200804280075
長野県警ヘリコプターで搬送・収容された新井裕己監督=28日午前8時54分、長野県大町市観音橋ヘリポートで
以上アサヒコムより

私、2005年に彼(新井裕己さん)の講演会に行って会ってた。
その時のメモは今でも私の財布手帳に入ってました。
2008_04_28_01 2008_04_28_02 2008_04_28_03 2008_04_28_04

メモ書きしたことは少しは参考になることだけで、殆どは仙人の話を聞いてたみたいだった。
「油のんで生活してるけど、こんなに元気です!」みたいな事も言ってたっけ。
率直で楽しくて、お気に入りな人のうちの一人だった。 けれども。。。。
少しはバックカントリーに足を踏み入れている私なのに、聞いてて遠い宇宙の向こうのことのような話ばかりでビックリな講演会だった。 そして一生マネ出来無いってこうゆうことなんだろうなって思った。

今回、お亡くなりになられたことを知って 何の言葉も出ず、ただただ時間が止まったかのように固まってしまった。御冥福をお祈りします。。。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

少し大きくなった

2008_04_28数えてみたら9株ほど有りました。
すくすく成長中です。
1日には山に入って野生のシドキを見て比べてみる。
あ、それとよく似ているけどちっとも香りの無い奴を撮影してこなくちゃだなぁ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年4月23日 (水)

カエルのトイレ

カエルの脱糞イングー・シーンを撮影してしまった!

最初は妙に尻尾の長いカエルだなぁーって思ってたんだけど
だんだん長くなってきたから、もしかして
20080423_01

ワクワクしながら、カメラを急いで構えたんだよね。
20080423_02
フラッシュたけば良いのに、もう、ヘッドライトで照らしながら
あとで気づいた おバカ

色といい、艶といい、ワーム(釣り用の疑似餌)そっくりでした。
20080423_03

カエルの大きさは先日見つけたコよりひとまわり小さい6cmぐらいだった。
それに比べると巨大なウンチ。

14連休前にお宝画像ゲット!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年4月16日 (水)

東京なのに生えたよ!

仕事から帰って、家事してたら夫が帰ってきた。
義母がタケノコの煮物をおすそわけしに来たときに
夫と何やら話してた。

え?なになに? って聞いたら「シドキ」が生えてるよ。
そっから、ギャー! うそー! やっぱりイミテーションでしょー! ホントよぉ!!
女2人が大騒ぎ。
 
2008_04_16sidoki去年、福島から持ち帰った山菜を試しに植えてた場所!!!

感動してます。

2008_04_16kaeruあ、ちぃこい蛙も見つけたから載せとこ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年4月15日 (火)

4月15日、雪シーズン終了

恐らく最後の滑走、かぐらでした。

少し登ってお湯沸かしてラーメンとかコーヒーとかでまったりしてから滑る。
亀裂もうまく避けて気持ちよいバックカントリーだったよ。
そんなに暑すぎることも無かったし、いつもより重いザックが軽く感じた1日だった。

お次はスノースクート(午後から300円)
いつもは(板が滑らなくて)泣きの入る緩い斜面が限界値。
一緒に行った男子達は上手かったのにくやしぃ~

さらに今度はグラトリな若者に刺激を受けてスイッチスタンスでの練習。
雪がやわいから結構でけた。

んで早めに下山して温泉入って、岩原のピットーレで早い夕飯。
店前が駐車スペースだった(驚)
誰も居ないゲレンデはロマンチックだったね。

帰りはETCの通勤割と早朝夜間割を組み合わせられたし
なかなか良い感じで雪シーズン終了しました。

2008_04_15
飯士山(111.8m)の飯士

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年4月11日 (金)

職質されたー

1時間近く遅刻してしまったー!散歩猫たんが外で鳴いて起こしてくれなかったらもっと遅れてたかも(感謝)
午後3時くらいまで仕事して帰宅したらBurnが居ない。。。休みのはずなんだけどね。

お土産のベルギーワッフルうまっ!
むしゃむしゃ食べながら「どこ行ってたの?」とか話してたら突然「オレって怪しそう?」

よくよく聞くとセンター街で職質されたそうな。婦警を含む3人の警察官に囲まれてポケットの中身や財布、カードのチェック、ボデェータッチまでされたとか。 そうしてたら何を期待してるのやら一般人たちに更に囲まれて大変だったそうです。 聞いてるだけだとチョッピリ羨ましいですよ。

十代・二十代は女性の独り歩きがキャッチとかで困るけれど、三十代・四十代になると男ひとりでは怪しく見えるのかも知れませんね。

あたしも近いうちに渋谷行かなきゃなー。使い捨てコンタクトレンズ補充せねば。
あ、それと凄い発見をしてしまいました。 自分の年齢を「多めに」間違えてました。 なんか得した気分♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年4月 6日 (日)

タケノコの裏側

タケノコ掘りに行ってきました。今日の収穫です。
だんだんと大きいのはどれかを見分けられるようになります。
掘り出し方も数をこなすほど要領を得てきます。
2008_04_06_01

普通は、根元の赤くボツボツしたあたりで切り出せば良いのですが、
根っこから掘り出せたものがあります。
左から2番目の根を見てみます。
2008_04_06_02
かなり面白いですね。 モジャモジャした細い根と、太い根?が有ります。
伸びていない根は絡み合っています、良く見ていたら脳みそ標本を連想
してしまいました。

小さい方も見てみました。 右から5番目。
2008_04_06_03
うむ?スーパーで見かけるタケノコのボツボツは、根の始まりなのかな?と、
思いました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年4月 5日 (土)

東京では桜の見ごろもそろそろ終わりらしいですね。
みんなが「わぁー、綺麗!」って言ってると「そうですね」とは言うものの、心の中ではそれほど萌えてない自分によく気づきます。

何故かな?って思ってたのですが、桜が平面的に、もしくは水平的にしか見れないからだった。 親戚の家が奈良・吉野で、広くて、遠くて、奥行きのある凄さを知ってたからなんだ。

それでも、東京で感動したことが1回だけあった。
近所の道路(幅6m)の真上が全部桜だった時。小学生だった。
空が全部桜で、黒い枝で暗いんだけど、透き通った花びらの色が印象的だった。
すぐに、切られちゃったけどね。 たぶん、毛虫が落ちるからだと思う。

もう随分、吉野の桜見てないけれど確認しに行きたいな。
そのそばで売ってるヨモギ団子も絶品なんだよなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年4月 2日 (水)

春の収穫その2

鶯が今年もやってきて、去年と同じく上手に鳴いてます。
毎日あそびに来る猫たんの背中でお花見。
2008_04_01

2008_04_02_2桜満開ってことは筍もあがり時です。
早速おじいちゃんが持ってきてくれた。
採れたてだから、包丁サクっと入りました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »